AKBニュース48

AKBに関する最新ニュース
更新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

秋元康に密着2160時間 AKB48の音楽とMVの制作現場を初公開

今度の握手会はいつでしたっけ?

 人気アイドルグループAKB48には、ドキュメンタリー映画の映像素材収集のために、常にカメラが回されているが、AKBのプロデューサーとして知られる秋元康氏にはNHKのカメラが2160時間(90日間)密着。作詞に挑む姿、ミュージックビデオの制作過程など、これまで見せたことのない創作の裏側の取材にも応じた。BSプレミアムで2月11日、『密着!秋元康2160時間〜エンターテインメントは眠らない〜』(後9:00〜11:00) にて放送される。



 秋元氏は、1980年代から今日まで、放送作家、作詞家、脚本家、小説家、プロデューサー、とさまざまな顔で常に日本のエンターテインメント界に流行を生み続けてきた。今回、2月に発売されるAKB48の30枚目のシングル「So long!」のCDにカップリングされる新曲「Ruby」「夕陽マリー」「そこで犬のうんち踏んじゃうかね?」「Waiting room」の音楽とMVの制作現場に、初めて完全密着。彼から次々と繰り出される変更や提案に、現場はどう応えていくのか。今までベールに包まれていた、戦場のような制作の最前線に迫った。秋元氏が全身全霊で取り組む姿、執拗なまでにこだわる姿を目の当たりにできる。

 ジャーナリストの田原総一朗氏、モーニング娘。などの音楽プロデューサー・つんく♂氏、映画監督の堤幸彦氏、写真家・映画監督の蜷川実花氏、漫画家・小林よしのり氏、テレビドラマの演出家・映画監督の大根仁氏、コラムニストの中森明夫氏、評論家の宇野常寛氏、AKBの熱心なファンでもある社会学者の濱野智史氏ら著名人や彼を取り巻くスタッフの証言も織り交ぜながら、“秋元康”の真実を見つめる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130210-00000304-oric-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



ではまた後ほどです。

[ 2013/02/10 ] 最新ニュース | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。